住みたい街として人気|地域に根差した不動産会社なら安心して任せられる

住みたい街として人気

室内

物件を選ぶ時の注意点

鎌倉は古都の歴史と文化がある街です。市内には有名な神社やお寺が数多くあります。鎌倉大仏や、アジサイが美しいお寺などの観光スポットには、年間を通して観光客が集まります。海や山など自然が多いながらも、横須賀線や湘南新宿ラインを使えば都内へのアクセスも便利な鎌倉は、住みたい街として人気があります。場所によって違いはありますが、不動産の価格は高めの傾向です。鎌倉は歴史ある風土を残すために古都保存法により、建築物に制限があることがあります。建築物の高さや緑化率など、いくつかの指定項目があるので、希望する家が建てられるかどうかは事前に確認しましょう。中古物件も、建て替えができない条件になっていることがあるので、不動産を選ぶ時は注意が必要です。

住む場所の選びかた

鎌倉市といってもエリアは広く、北鎌倉や大船などの山側と、由比ヶ浜や稲村ケ崎などの海側があります。海側の不動産では、海から近い、海が見えるということを特徴とした物件が多いです。また、鎌倉の不動産で人気が高まってきているのが古民家です。平屋やレトロ感のある古民家をリフォームして住みたいというニーズから、古民家の物件情報を豊富に掲載している不動産サイトもあります。どの場所に住めばいいのかは、望んでいる暮らし方や価値観によって違ってきます。海やマリンスポーツを楽しみたいのであれば海側、都内への利便性が大切であれば、横須賀線や湘南新宿ラインの駅周辺を選ぶなど、重要視したいことが何かということで選ぶといいでしょう。休日の鎌倉は観光客が集まるので、観光スポットの近くだと道が混雑するなど、鎌倉ならではの注意点もあります。物件を選ぶ時は、鎌倉の地域情報に詳しい不動産屋を選ぶといいでしょう。